犬のおやつは消費期限を守るだけじゃ物足りない!

犬のおやつは消費期限を守るだけじゃ物足りない!

おやつだよ。さぁどうぞ♪

ちょっとまって!
そのおやつの消費期限だけ 確認してない!?

消費期限を確認しておやつをあげる方は多いと思いますが、消費期限前であれば、なんでもかんでも大丈夫!ということではないんです。

今回は、おやつの消費期限のおはなしです。

消費期限

消費期限は、裏のラベルや袋のはじなどに書いてあることが多いです。

消費期限の意味は、
「消費期限として記載されている日までに消費する(開封前)」
ということ。

この 「開封前」が重要なのです。

消費期限は、開封したら無効。

開封後は、早めに消費してほしいことと、保管方法にも気を配ってほしいのです。

時期・おやつの種類による

例えば、時期の問題

夏場などは、気温が高く湿気も多いので、「おやつ」をそのまま保存する環境としては、あまり好ましくはありません。

じゃ食べきってしまう、といっても、おでぶになる問題もあるし。

室内であれば、温度や温度が高くならない冷暗所に。ものにもよりますが、冷蔵庫で保管するのも良しです。

水分率が高いおやつ

無添加のおやつの特徴の一つは、乾燥度が高いこと。

細菌が増えて腐敗するために必要なのは、まず水分です。

だから、硬めのおやつが多いのです。

やわらかくて、おいしくて、袋から出しても平気で何週間でもくさらないおやつは、どれだけの添加物が入っているのか。想像しただけでも。。。

でも中には、無添加なのに、やわらかいおやつもあります。

事例

WAN PAKUで扱っている、「パンのおやつ」

このおやつを雨が続いて暑い日に開封して、袋に入れっぱなしにしておいたら、4日でカビが生えてきました。

パンだから、あたりまえでしょ!

そうなんです、あたりまえなんです。

包装資材の進化により、鮮度を保ったまま長く持つという袋で守られているんです。
消費期限前までは。

昨今、薬局や商店で置いてある「ロングライフのパンや牛乳」もそれです。

だから、空気と湿度にふれると普通のパンに戻るので、普通にかびが生えます。

消費期限は、開封したら 無効という、わかりやすい例かと。

おわりに

わんちゃんが食べるものを管理するのは「人」です。

でも、犬は、鼻が利くでしょ? 腐敗ぐらいわかるでしょ?

はい、鼻は利きます。
と言っても、ちょっとぐらいの腐敗したものは食べちゃいます。

昔は獣だったんだから、食べなきゃ生きていけなかったんですから。
ある意味、本能的に食べちゃいます。

でも今のわんちゃんは、軟弱もの〜!と言われるかもしれませんが、デリケート。

お腹を壊すだけできかないことも、多いのが実情です。

管理は、わたしたち飼い主です。

だからこそ、消費期限はもちろんのこと、開封後の管理も、ちゃんとしてあげてくださいね。

追記。
ごみ箱あさりが得意な子もいますので、ごみ箱管理もきちんと♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です